アフィリエイトのレシピ

ここでは、「アフィリエイトのレシピ」 に関する記事を紹介しています。


★ アフィリエイトのレシピ♪


半年過ぎても月に1万円稼げないなら。

「なんで稼げないのかな・・」って思いますよね?



今日はそういう方に読んでいただきたいお話。



商材を読んで、ちゃんとその通りにやっているつもりでも、

作業もそれなりにやっているつもりでも。

それでも稼げないのなら。



「稼げない理由になっている足りない部分」があります。



例えば。

ハンバーグを作った事が無い人が

「ハンバーグのお店」したいってなった時。

ハンバーグの作り方からまずお勉強しますよね?

ネットで調べれば膨大なレシピが出てきます。



材料    合いびき肉 玉ねぎ たまご パン粉 牛乳 
      塩和尚・・・って自分でビックリ誤字が出たorz
      塩・胡椒 


作り方   玉ねぎをみじん切りにして炒める
      パン粉を牛乳に浸す
      材料全部まとめてこねる
      ハンバーグの形にして焼く


以上  です。


でも、この説明で分かる人にはわかるけど、

お料理を普段全然しない人にはわからないトコありますよね?


肉どのくらい? 挽肉って豚?牛?合びきって何が違うの?

玉ねぎはどの程度のみじん切り?ってみじん切りってどういう切り方?

パン粉ないんだけど・・・?  焼くのは何分・・・?



でも、一回なんとか作れば

そこから次は


・ もうちょっと多い量で作ろう

・ 味を濃くしよう

・ 玉ねぎが大きい方がいいな・・小さいほうがいいな・・

・ もうちょっとふわふわにならないかな・・

・ 肉汁が・・・ジュワーってどうやるんだ?


と、新たな疑問も出てくると思います。

でも、この段階では、「お金もらえるハンバーグ」ではないですよね?

あくまでも「ハンバーグ」作れたってだけです。



情報商材に書かれているノウハウなども、

ハンバーグと並べて比べれば、その

「基本の作り方」が書かれているって事だと思うんですね。



そして一回作ってみて、失敗もするかもです。

焦げるかもしれないし、生焼けかもしれない。

でも、二回目は前回の失敗を活かせば

「ハンバーグ作るトコまで」の状態は

「成功」しますよね?



その成功する二回目までやらないと、「ハンバーグむり!!!」で終わっちゃうかもだし

一回目の失敗を何で失敗したのか考えないと二回目も焦げます。



そして、その「成功」があれば、

次は応用できますよね?



子供がニンジンが嫌いなら、ニンジンを小さく刻んで

ハンバーグに入れちゃったり。


大人用に、ちょっとスパイス色々入れてみたり。


ソースに拘ってみたり。



でも、その一回目の失敗をちゃんとわかっておかないと

ニンジンいれても生焼け

スパイス入れても生焼け

ソースを凝っても生焼け


その「生焼け」の原因直さないと

さらに凝っても生焼けは生焼けなんですよね。



だから調べるんですよ。

何分焼いたら裏返すの?

どうなれば生焼けじゃない確認ができるの?

真ん中指して透明の肉汁出れば火が通ったって事なんだなと。



そして「パン粉」なければ食パン細かくすればいっか・・とか

玉ねぎを炒めなくてもそのままでも水分出る前にそのまま即焼けば結構OKじゃない?


とか応用もできるようになってきます。

でも、「基本の作り方」を何回も頭だけで考えても

実際一回作って「完成」までさせないと

どこで失敗するのかすらわからなかったりしちゃいます。




商材だって。

まず最初の「一つ目」を作り上げるまでの説明は

してくれています。



でも、そこから

自分で「どこで失敗したのかちゃんと把握して」

わからない事は調べて。

一回はまず完全に商材のまま実践して。


そこまでで「やったつもり」になっているなら

それは所詮「どこにでもあるハンバーグ」と同じで

「ドカドカ売り上げ」になる状態じゃないんですよ。



そこまでの「商材のままやっただけ」は

やったつもりになっているだけで

見た目は「アフィリエイトっぽいこと」ですが

「お金をいただける状態」に100%なっていないと思うんですね。



もちろん、家族なら「美味しい」といってくれるでしょうし、

お友達に食べさせても「ハンバーグだね」といわれると思います。


その「商材通りにやった」ってトコまでなら、

お友達や家族に「アフィリエイトってこうやるんだよ」

と説明はできるレベルになるんでしょうが、

「お仕事のレベルか」ってなれば足りない。



そのハンバーグでお金を頂くとなれば、

そこからの工夫が必要になりますよね?




お豆腐を入れたらどうなるかな・・

ソースをもっと美味しくしたいけど、どうしたらいいのかな・・

もう少しフワフワにしたい場合は、どこを変えればいいのかな・・




お料理なら考えますよね?



ノウハウも。

もっと、この部分を強くしたいな・・

ここまでやったけど、さらにこうしたらどうだろう・・?

この部分はもっとこうした方がいいのかも・・・

アレは苦手だから代わりにコレでやってみよう・・



まず一つ「商材通り」に仕上げて。

その上で思いつく「新たな気づき」



ここに取り組めるようになってきてはじめて

「お金をいただける状態への作業」になるんじゃないかなと思います。



だって、ハンバーグをサクサクレシピ見ないで作れる人は

肉団子も、ミートローフも作れるようになるでしょうし。


でも、最初の「ハンバーグ」作りきれない人が

「ハンバーグ失敗したから次は肉団子で」

とかしても、それも無理だと思いますしね。




「最初の基本のハンバーグの作り方」

をちゃんとレシピ通りに作り上げて

完璧に「自分のもの」にできれば。


そこからひらめく応用は無限に広がります。

ニンジン入れたいってなれば、「この量でいっかな」

とか目測でOKになったり。



でも、「最初の基本のハンバーグの作り方」

を見よう見まねでレシピ通り作っただけで

自分に落とし込まない人は


次に

「豆腐ハンバーグの作り方」

「ハンバーグにニンジンを入れる方法」

「生焼けにしない方法」

「倍のサイズのハンバーグの作り方」


その都度毎回レシピ見ないと作れないってなっちゃって

毎回レシピ本買ったり。

出来上がるのは毎回「家族に食べさせるレベルのハンバーグ」

「売り物」レベルにする手前の状態で限界です。



商材でも、同じようなジャンルのものを

次々買うだけになっちゃってったら

いつまでも

「アフィリエイトっぽい作業を頑張ってしているだけの人」

です。



このお仕事でお金頂くなら

まず基本に沿って作業しながら覚えて「形」を作って。


そこから「もっとどうしたら・・?」

と掘り下げて考えられるようになれた時。



そこからの作業が

「アフィリエイトっぽい作業」から

「お金いただける状態にする作業」になるんじゃないかと思います。



ハンバーグ一つでも、198円のハンバーグや一人前数千円のとかありますよね?

サイト一つだって、売上げ100円のサイトから10万以上上がるサイトもある。





あなたが今している作業が「いくらの売上げに繋がる作業なのか」

そこまで掘り下げて取り組んでいるのか。




半年過ぎても月に1万円稼げないなら。

「なんで稼げないのかな・・」って思うなら。



あなたの作業をそのハンバーグを作る作業の状態に置き換えてみたら

「いくらの価値のハンバーグになっているかな」ってトコ考えてもらえれば

足りない部分が見えてくるんじゃないかなと思います。



家族や、お友達ではない「第三者の人」が

お金を払って満足してくれるものなのか。

そこに何が足りないのか・・・何が余計なのか。



別に・・・ハンバーグじゃなくても、カレーでも、肉じゃがでも

なんでもいいんですけどね。
ゴムゴムのーーーランキング←「読んだよ!」の印しに、クリックいただけますと嬉しいです(ノ´∀`*)
         
小雪ブログは↓に新装開店で移動させていただきました。
メルマガ登録・解除